ボストンテリアを飼いたい方☆値段の相場はどれくらいなの??

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


ボストンテリアは名前の通りアメリカのボストンで誕生した犬種です。「タキシードの紳士」などと呼ばれ、まるでタキシードを着ているかのようなモノトーンの毛色が特徴です。人懐っこく頭がいいので初心者の方にもおすすめだそうです!

購入を検討した際にまず考えるのがどれくらいの費用がかかるのか。どうしても避けられないことですよね。

一体相場としてはどれくらいの値段なのか、気になりますよね。ボストンテリアが好きで購入を検討されている方は、是非参考にしてみて下さい☆

スポンサーリンク

ボストンテリアの値段の相場は?どこで買えばいいの?

さて、気になる値段の相場どういった基準で決まっていくのでしょうか?いくらくらいが値段の相場なのでしょうか?

値段の相場

ボストンテリアの相場は、子犬の大きさを踏まえた上で血統や、毛の質感や色、骨格の状態で決まります。わかりやすく言うと賞を取ったような親を持っていたり、ボストンテリアらしい目の離れた鼻が低い特徴がしっかりと出ている子犬はぐっと値段が高くなります。

それに加えて近年繁殖数が減少し、相場が上がっているそうです。具体的には10万~40万円程度です。章を取ったような親を持つ子犬は50万を超えることもあるそうです。

購入する方法

購入する際はどのような方法があるでしょうか?購入先と値段の目安をまとめてみました!

購入先と値段
  • ペットショップ 10万~20万
  • ブリーダー 30万~40万

一般的に購入しやすいのはやはりペットショップです。実際にお店に行って自分の目でどんな子か様子を見てみたり、だっこして触れてみて健康状態をチェックすることができるのがメリット!何軒か回ってみて自分の目で判断もできます。

もう一つはブリーダーからの購入です。近年ではインターネットを使い探すことが多い傾向で探しやすく、きちんと衛生環境を整えられ、優秀な血統を持つ子犬が多いのがメリット!しっかりと管理されているかどうかきちんと判断し、ブリーダーが信用できるかどうか調べる必要があります。

こうした飼育環境や、親の血統、見た目で金額の差がかなり現れるのです!

飼育にかかる費用

実際に購入してからかかる費用もやはり気になるところですよね。かかる費用があらかじめわかっていると、準備もしやすいです。

まずは購入後必ずかかってくる費用です。一緒に生活していくうえで最低限絶対に必要になってきます!

必ずかかってくるもの
  • ごはん・ペットシーツ月/2,000円~4,000円
  • ダニ退治・フィラリアの薬は、月/2,000円(5月から11月の間で毎月必要になります)
  • 狂犬病の注射年一回/3,000円
  • ワクチン注射も年/検査代8,000円・注射代8,000円前後

続いては必ずしもかかるわけではないですが、体調や飼い主の考えで必要があればかかってくる費用です。

必要があればかかる費用
  • 怪我や病気の時の病院代
  • ペット用保険代
  • 避妊や去勢手術代

並べてみてみると結構かかる印象ですね。これらを少しでも抑えるためにも、家族として迎えられた子のためにも、迎え入れる前にしっかりと健康状態を確認することが大切ですね☆

スポンサーリンク

ボストンテリアってどんな犬?

 

ここまではボストンテリアの値段や相場についてご説明しましたが、性格や飼育法はご存知ですか?どんな犬なのでしょうか?

続いてはボストンテリアがもっと好きになる情報をお教えします!

特徴

まずは簡単にボストンテリアの体型についてまとめてみました☆

基本情報
サイズ 小型犬

体高 28cm~38cm

体重 7kg~9kg

ボストンテリアはスムースコートで、筋肉質ではあるのですがスマートな体型、足も細くて長いのです☆ピンと立った耳、低い鼻、短い尻尾が特徴的ですよね。

性格

冒頭にも述べたように人懐っこく頭がいいのですが、人見知りしやすいのか知らない人には素っ気なくすることも。

繊細で嫉妬深い性格でもあるので、構ってあげないと時には攻撃的になってしまうことも。ですが子犬の頃からしっかりとコミュニケーションをとり、けじめのあるしつけを心がければ大丈夫☆基本的にはとても優しい性格なので愛情を持って接していれば家族に攻撃するようなことは滅多にないです!

引用インスタグラム

可愛すぎます!!この寝方はもちろん寝顔もこの美脚もたまりませんね☆こんな愛らしい姿が見れるなんて飼い主さんは幸せ者です♪

飼育法

ボストンテリアは太りやすいので、適度な運動はとても大切です。ですがやりすぎは禁物。ボストンテリアは短頭犬(たんとうけん)で、その低い鼻のため他の犬と比べ気温・体温の上昇や、過激な運動をし続けると呼吸困難になってしまうこともあるので、適度な運動量と休憩を与えてあげましょう♪

散歩は30分~1時間程度は必須です!真夏など暑い日には控えておいた方がいいですが、運動不足にならないようにお家での遊びをしてあげてください☆

お手入れ方法

ボストンテリアの被毛は短毛でダブルコートです。被毛のお手入れは比較的楽ですが、注意することとしては暑さに弱いので夏場はこまめにお手入れをしてあげることを心がけてあげてください☆そして寒さにも弱いので、震えていたらかわいそうですよね。そんな時期にはお洋服を着せてあげるといいですよ☆

こちらはパグのお値段について紹介しています。購入の際の参考になるので是非読んでみて下さい♪

パグを飼いたくなっちゃった人必見!!子犬の値段を調べてみたよ☆

 

まとめ

  • ペットショップ購入の相場は10万~20万円程度
  • ブリーダーからの購入は30万~40万円程度
  • ボストンテリアは人懐っこく頭がいいので飼いやすい♪
  • しかし短頭犬なので運動のさせすぎは注意が必要!
  • さらに暑さにも寒さにも弱いので注意が必要!

家族として迎えるのであれば費用はかかって当然です。しかし購入を検討する際の値段の相場はかなり大切なものになってきますよね。今はネットに色々な情報がある時代ですので、インターネットで色々と下調べをしておくと悩みすぎなくて済むかもしれませんね。

健康で素敵な家族に会えますように☆

スポンサーリンク

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です