イタリアングレーハウンド☆家族の愛情で寿命を延ばす対策!!

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


皆さんはイタリアングレーハウンドというワンちゃんを知ってますか?散歩をさせているところはほとんど見かけませんが、イタリアングレーハウンドといえば超スマートで、動きや走りが、とーってもすばやいんですよね☆また、その走る姿がこれがまたカッコいい☆ですよね!!

皆さんの中にイタリアングレーハウンドをすでに飼っている方、これからお迎えする予定の方、これから飼うことを考えている方といますが、愛犬の今後のことを真剣に考えたことがありますか?今後のこととは寿命についてです。

犬は人間と違って寿命が限られています。皆さんが愛犬とできるだけ長く暮らしていくために、また悔いのないように幸せいっぱい☆の犬生を送らせてあげるために今から寿命をこえて長生きさせる対策についてお話ししたいです。

スポンサーリンク

寿命と病気について理解しましょう☆

愛犬をこれからお迎えする方、飼いたいと考えている方に心して聞いてほしいのですが、はじめにイタリアングレーハウンドの寿命とかかりやすい病気についてお話ししますね☆

イタリアングレーハウンドの寿命☆

イタリアングレーハウンドの平均寿命は12~15年になります。皆さんにとって寿命と聞くと深刻に考えてしまいますが、寿命については深く考えずに、明るく前向きになってほしいのです♪なぜなら、これからお話しする対策で愛犬の平均寿命を延ばして長生きさせる可能性は十分☆にあるからです!!

イタリアングレーハウンドを見てみると本当に体が細くて、細い体のわりには動きや走りがすばやく、飛んだりはねたり、遊ぶことが大好きなので、比較的丈夫な犬であることは間違いないといわれています!

はじめにイタリアングレーハウンドがかかりやすい病気についてお話ししますね♪

イタリアングレーハウンドがかかりやすい病気☆

一番かかりやすい病気は骨折です。脚や尻尾がよく骨折しやすいです。骨折だけでなく、そのほかのかかりやすい病気についても知ってほしいのです。

イタリアングレーハウンドがかかりやすい病気
  • 特発性てんかん(とくはつせいてんかん)

脳に腫瘍や炎症などの異常がないのに、神経細胞で異常が発生することでけいれん発作を起こす病気です。イタリアングレーハウンドに起こりやすいのです。全身のけいれんや、意識を失ったり失禁顔や足など一部にけいれんを起こします。

この病気は完治は難しく複数の抗けいれん薬を組み合わせて投薬させ、生涯この病気とつきあっていかなければなりません。

  • 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく)

両目の網膜に徐々に障害が起こる病気です。夜に目が見えなくなり、やがて失明します。この病気は治療法がないのが現状です。徐々に視覚を失い、落下したりぶつかったりしますので、それを防ぐために生活環境を変えていかなければなりません。

  • 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

膝のお皿の骨が正常な位置からずれてしまう病気です。軽症の場合はスキップしたり、後ろ足を蹴りだしますが、重症の場合は後ろ足をのばしたり、着地ができなくなります。軽症の場合はリハビリをしますが、重症の場合は手術が必要です。

  • カラーダイリューションアロペシア

イタリアングレーハウンドのブルーやフォーンに起こりやすい脱毛症です。毛の中のメラニン色素の分布が均等になれないことで、もろくて折れやすい毛になります。薄くなった部分にフケが増えて、毛穴から細菌が感染して炎症を起こします。

この病気も完治は難しくシャンプーや保湿でフケや炎症をおさえて病気とつきあっていかなければなりません。

これらが、イタリアングレーハウンドがかかりやすい病気です。よく理解しましょう☆

病気やケガに気をつけながら☆寿命を延ばす対策☆とは?

日頃から骨折や病気にならないように飼い主さんはどのように生活環境を変えて愛犬の寿命を延ばしていくか?その対策をお話しします☆

室内での注意点☆

室内で運動をさせたり、遊ばせるときはベッドや椅子ソファーから飛び降りさせないようにしましょう♪フローリングは滑りやすく、滑って足を傷める原因になるので、絨毯(じゅうたん)などを敷きましょう♪フローリング用の滑り止めワックスでも大丈夫です♪

イタリアングレーハウンドは尻尾を激しく振ったり、走り回ったり、ジャンプ力が激しいので、その勢いで家具や置物を倒したことによってケガをすることがあるんです!室内に倒れそうな家具や置物を置かないようにしましょう♪

広い場所で思う存分運動させましょう☆

第一に考えなければいけないことは健康を維持していくために毎日十分な運動をさせることです☆運動させる時間が足りないとストレスをためこんでしまいます。天気が良い日はドッグランや広い公園で思う存分に運動させストレスを解消させましょう♪

寒さに弱いので、冬場は室内を暖かくして、運動させましょう♪室内の温度は22~23℃、湿度は50~60%が快適です♪

定期検診と予防接種☆

思わぬ病気の早期発見に繋げるために定期検診を必ず☆受けましょう。そして、被毛が短いので蚊などに刺されやすいんです!定期的にフィラリア感染症の予防接種を受けましょう♪

お手入れもしっかりしてあげましょう☆

被毛は短いから抜け毛は少ないと思われがちですが、冬の季節が終わるころ(換毛期)から抜け毛が多いです。それに抜け毛に触れるとチクチク☆します。1週間に1度はブラッシングしましょう♪おすすめは短毛用マッサージ&つや出しブラシです☆

このブラシは抜け毛ケアだけでなく、マッサージ効果や血行促進もあります♪また、ブラッシングすることによって愛犬とのスキンシップやコミュニケーションを築けることができます☆

また、抜け毛が多い換毛期にシャンプーをしてあげれば、抜け毛の量も減ります♪普段も濡れたタオルで拭いてあげたり、週に1度シャンプーをしてあげましょう♪肌が乾燥している場合は保湿クリームをつけましょう♪

冬場のシャンプーは洗う前にまず部屋を暖めて、暖かい日中に手早く済ませ、洗い終わったら完全に乾くまで拭いてあげてください♪

イタリアングレーハウンドの☆ブラッシングタイム☆です♪

引用Youtube 

うーん☆気持ちよさそうですね♪そして、こちらはドッグマッサージの動画です♪

引用Youtube 

こちらもまた気持ち良さそうですね☆どちらの動画もワンちゃんたちにとっては至福の時間ですね♪

紫外線・虫除け・寒さ対策に服を着せましょう☆

イタリアングレーハウンドは暑さには強いといわれますが、夏の時期も服を着せる必要があります。気温が高い日には紫外線から皮膚を守る虫さされの予防のためです♪夏の日に服を着せると犬にとって暑いのでは?と思いますが、大丈夫です☆

今、イタリアングレーハウンド用の服にも色々パーツがあるのです☆半袖長袖そして、なんと!ノースリーブもあるのです☆さらに☆ネックの有無ショートロング丈とあり、サイズも豊富で服の素材も綿100%のものや、リネン100%と色々あります!

もちろん☆冬の服もサイズや素材も豊富にありますよ♪イタリアングレーハウンドは寒さにとても弱く、風邪を引きやすいので、冬の散歩は靴としっかりとした厚手の服を着せてあげましょう♪室内では毛布を用意して、暖房の温度調節をしっかり管理しましょう♪

引用インスタグラム

夏はこんな感じです♪

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ジュエル✨寒くてもへっちゃらだよ🎵って 思いっきりランランしてましたー😄 また一緒に行こうね〜😊❤️ #イタグレ#イタリアングレーハウンド#italiangreyhound#伊藤イタグレ#アメブロ#breeder

イタリアングレーハウンド専門ブリーダー伊藤真弓さん(@j.a.y_piccolo_ito_mayumi)がシェアした投稿 –

引用インスタグラム

冬は頭から足までしっかり寒さ対策☆暖かそう♪

食事の管理にも気をつけましょう☆

食事の管理もイタリアングレーハウンドを長生きさせる重大なことです☆細い体だけあって骨が細くて日光浴が足りないと骨折しやすいので、骨を丈夫にするためのカルシウムを補給させましょう♪

イタリアングレーハウンドのおすすめなドッグフードは『カナガンドッグフード』です☆獣医にも推奨されています☆

原材料に新鮮なチキンを50%以上使用して、体をつくるもととなる『動物性タンパク質』が多く含まれています。さらに☆骨を丈夫にする『カルシウム』や軟骨をサポートする『グルコサミン』『コンドロイチン』を含んでいます☆

活発なイタリアングレーハウンドにぴったりのドッグフードです☆また、人工添加物や穀物も使われていないので、安心して与えられるドッグフードです☆

虫歯にも注意しましょう☆

イタリアングレーハウンドは虫歯にもなりやすいのも特徴です☆虫歯になっても詰め物をすることはできません。食欲や寿命にも問題を起こしますので、子犬のうちから歯を触らせることになれさせ、定期的に歯も確認しましょう♪

このように飼い主さんは日頃から飼育や生活環境に気を配ることが必要です。骨折が原因で命に関わることがあることを知ってほしいのです。また、体重が増えてしまったことで脚に負担がかかるので、食事の管理にも気をつけましょう☆

これまで深刻なお話ばかりしましたが、まだまだ大切なことを伝えなければなりませんので、イタリアングレーハウンドの魅力についてのお話を読んで、気持ちを休めましょう☆

イタリアングレーハウンドの性格☆優しくて繊細な心の持ち主

2匹のイタリアングレーハウンドの遊ぶ姿の動画も観て、気持ちを休めましょう☆

引用Youtube 

皆さん、気持ちの方は休まりましたか?では、次の話も深刻な話になりますが、どうかよろしくお願いします☆

スポンサーリンク

去勢・避妊手術で寿命を延ばせる!?

新しい家族を迎えてさらなる問題、それ去勢・避妊手術についてです。去勢・避妊手術はワクチン接種のように必須ではありません。世間では去勢・避妊手術に対して『子供ができないようにするのが目的』『今のままでいいのでは?』と思われがちです。

去勢・避妊手術のメリット・デメリット☆

なぜ愛犬に去勢・避妊手術を受けさせているのか?これにはメリット・デメリットがあるのです☆

去勢・避妊手術を行うメリット
  • ストレスや攻撃性を低滅させる☆

かつて一般家庭では自宅の庭で飼っていて、外で飼われていた犬は十分な運動や散歩により自分でストレスを解消させていましたが、最近は室内で飼われている犬が多く、運動量が制限されています。

去勢されていない犬はかなり運動量を必要としていて、散歩だけでは活動エネルギーが発散されていない場合、攻撃性になったり、自傷行為をおこすのです。

1日数回散歩をさせて愛犬が満足するような運動をさせる家庭は少ないです。活動エネルギーを発散できない場合は、去勢手術を受けさせることで、愛犬の攻撃性を軽滅させることができるのです。

  • 病気を予防させる☆

オス犬は去勢手術を受けさせることにより、『前立腺肥大』『精巣腫瘍』などを予防することができます。前立腺は肥大すると膀胱が圧迫してオシッコが出にくくなり、便秘になります。この病気は10歳以上のオス犬がかかりやすく、前立腺に膿がたまると痛みや発熱、血尿の症状が出るので注意しましょう☆

精巣腫瘍は精巣が腫瘍化する病気です。『潜在精巣』は正常な精巣にくらべて腫瘍化するリスクが10倍以上といわれます。去勢手術で精巣を取り除くと男性ホルモンが減るため、精巣腫瘍に関わり病気が防げたり、予防効果は高いです☆

メス犬の場合も同様で生殖器系の病気にかからなくなりますよ♪将来の病気を予防するためには、はやく手術をすればするほどかかる確率が低くなるのでやると決めたら早期に手術しましょう☆

  • 問題行動を軽滅させる☆

早いうちに去勢手術を受けさせると、マーキング行為マウンティングなどの問題行動の軽滅に効果があります♪そして、予期せぬ妊娠を防げます☆

  • ガンに対して予防効果がある☆

犬にかかりやすい病気は心臓病だけでなく、ガンも多いです。特に高齢の犬は生殖器や乳腺にガンになりやすいです。発情期に去勢・避妊手術を行えば発病する確率は200分の1になります。そして、ガンになると高額な治療費がかかりますし、愛犬が苦しむのを見るのは飼い主さんにとっては心苦しいです。

去勢・避妊手術のメリットはこのようになりますが、家族と獣医師としっかり話し合いましょう!

次にデメリットについてお話しします♪

去勢・避妊手術を行うデメリット
  • 全身麻酔にリスクがあります☆

去勢手術は全身麻酔をかけて行います。0.1~0.2%の割合ですが、麻酔をかけた際に血圧が低下する症状になることがあります。その可能性を見きわめるために手術前に血液検査エックス線検査を行い、麻酔をかけてよいか確認して、手術を行います。

  • 太りやすくなる

去勢・避妊手術を行った後は男性ホルモンが減るので、ホルモンバランスが変わります。変わると食欲が増進したり、基礎代謝が下がるので、太りやすくなるのです。また、発情に対する行動がなくなることで活動量が減るため、肥満になりやすくなります。

  • 子供がつくれなくなる☆

去勢・避妊手術するということは生殖器を取ることです。ですから、子供をつくることはできなくなります。

以上がデメリットになります。

去勢・避妊手術の時期と費用について☆

次に去勢・避妊手術の時期と費用についてお話しします☆

去勢・避妊手術の時期と費用
  • 去勢・避妊手術の時期

小型・中型犬は生後6~12ヶ月後の間に性成熟します。病気の予防のためやマーキングを始める前と考えたら、その期間に去勢手術を受けましょう♪

  • 去勢・避妊手術の入院・時期

あくまでも目安ですが、去勢・避妊手術の費用は約3.8万円~とされています。また、手術代のほかに薬代や術前検査、麻酔代、入退院費などがかかります。入院日数は、愛犬を獣医師に預けた日に手術し、翌日退院というケースが多いです。

手術前日になると不安な気持ちでいっぱいになりますね♪しかし、飼い主さんが不安になると犬は人間の気持ちが伝わり、犬も不安な気持ちになります☆犬は人間の感情を察知する能力があります☆できるだけ、これまでどおりに愛犬に接してあげましょう♪

手術を受ける前の心構えと手術後のケア☆

手術を受ける前に次のことをお願いします☆

手術を受ける前の心がまえ
  • 愛犬のくせをメモして、動物病院に伝えましょう☆
  • 当日は動物病院から連絡が来るかもしれないので、自宅待機しましょう☆
  • エリザベスカラーが当たらないように室内を片付けて、整理しましょう☆
  • 手術前日はドッグランや広い場所で運動させることは避けて、おとなしくさせましょう☆
  • 手術当日は絶食させましょう☆

以上のことを守るようにお願いします♪次に手術後のケアをお話しします♪

手術後のケアについて
  • エリザベスカラーで傷口を保護しましょう☆
  • 手術後の散歩は2~3日は控えましょう☆
  • 抜糸までは激しい運動は控えましょう☆
  • 抜糸までは『仰向け』『抱っこ』はしないようにしましょう☆

以上になります。愛犬に去勢手術するか、しないかは飼い主さんの判断になります。去勢手術にはメリット・デメリットがありますから、家族と獣医師と十分に話し合い、相談して決めるようにしましょう

まとめ

  • イタリアングレーハウンドの平均寿命は12~15歳ですが、飼い主さんの長生きさせる対策で寿命が長く可能性は十分あります♪
  • イタリアングレーハウンドのかかりやすい病気を理解して、生活環境を変えましょう
  • 最も大切なのは定期検診と予防接種です☆
  • 夏の暑い日でも紫外線防止と虫除けに服を着せてあげましょう♪
  • 去勢・避妊手術のメリット・デメリットを理解しましょう☆
  • 去勢・避妊手術は家族と獣医師としっかり話し合いましょう☆

いかがでしたでしょうか?イタリアングレーハウンドの寿命やかかりやすい病気について深刻なことばかりでしたが、皆さんの愛犬が少しでも寿命が長くなるように明るく前向きになってほしいと願いながらお話ししました♪

お話ししてつくづく思いますが、愛犬へのこまかい気配りが必要で、かなり根気や覚悟が必要ですが、愛する家族を救う気持ちが強ければ必ず支えていけます☆どうか頑張ってくださいね☆

スポンサーリンク

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です