大型犬の寿命って長いの!?短いの!?長く一緒にいるためにしたい事

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


抱きしめられるほどの包容力があり、優しい目をした大型犬ってとっても魅力的ですよね。守ってあげたい小型犬と違った存在感で癒してくれるワンちゃんです☆

自分を慕(した)って甘えて、信頼してくれる大切な大切な愛しいシッポのある家族。ずっと一緒にいたいですよね。健康で長生きしてほしい、寿命なんて考えたくない!と思う飼い主さんばかりだと思います。

大型犬って寿命は長いの?一番長生きの犬種って?大切なあなたの家族である大型犬の寿命を長くするために大切な事を調べて見ました!

スポンサーリンク

大型犬の寿命は長い?短い?

一般的に大型犬は小型犬と比べると、成長が早く短命と言われています。人間は体の大きさで寿命に影響が出ることはまずないので、とっても悔しくて寂しい現実ですね。まず、犬は体の大きさでどのくらい平均寿命に差が出るのでしょうか?

大きさ別の犬の平均寿命
  • 超小型犬 13.8才
  • 小型犬  14.2才
  • 中型犬  13.6才
  • 大型犬  12.5才
  • 超大型犬 10.6才

小型犬と超大型犬の差に圧巻(あっかん)ですね。遺伝子やホルモンの影響から寿命に差が出ると言われていますが、ハッキリとした事はまだわかっていません。しかしワンちゃんによっては大きさに関係なく、長生きしてくれるコもいっぱいいます☆

長寿の犬としてギネス記録が残っているワンちゃんは、オーストラリアン・キャトル・ドックという中型の牛追い犬でなんと驚きの29才と5ヶ月まで家族と暮らしたそうです!!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Uschiさん(@uschiapple)がシェアした投稿

引用インスタグラム

シェパードのような姿に優しい目が特徴的で可愛い♪

こんなに長く一緒にいられた飼い主さんは、とっても幸せですね。ここまで長寿の犬は残念ながら数少ないですが、大型犬の中にも寿命が平均以上の犬種がたくさんいるんですよ☆

大型犬で寿命が長い犬種
  • ラブラドール・レトリバー 12〜13才
  • ゴールデン・レトリバー  12〜13才
  • シベリアン・ハスキー   11〜13才

おなじみの犬種が、大型犬の平均寿命12.5才を超えて長生きしてくれるんですね♪もっともっと元気で長生きしてほしい!一番心配なのは病気やケガだと思います。寿命が長い大型犬の犬種別に、注意したい病気を見て行きましょう!

ラブラドール・レトリバー

盲導犬や警察犬として人に寄り添い、使役犬(しえきけん)としてだけでなく家庭犬としても人気のあるワンちゃんですね。

気をつけたい主な病気
  • アレルギー性皮膚炎
  • 白内障、緑内障
  • 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

ラブラドール・レトリバーは体質的に太りやすいです。あの優しい目で見られたら、いくらでもご飯やおやつをあげちゃいそうになりますよね。誘惑に乗らないようグッと我慢ですよ。肥満はいろいろな病気の原因となります。

【アレルギー性皮膚炎】

遺伝子の関係で被毛がチョコレート色のラブラドールは特に、皮膚の病気にかかりやすいと言われています。かゆみと脱毛、食欲不振など目に見える症状と共に大変なストレスがかかります。

特に暑い夏場は、食欲も落ちやすいだけでなく被毛が蒸れて皮膚が荒れてしまうこともあるので心配ですよね。日常的にブラッシングをして、皮膚に異常がないかチェックすることが大切ですね♪

【白内障、緑内障】

白内障は目の水晶体が白く濁り(にごり)、物を見る事が困難になります。緑内障は目に痛みが出て、目をしきりに気にする仕草を見せます。

犬は嗅覚や聴覚が優(すぐ)れている分、視力があまり良くないと言われていますが、見えないとなると飼い主さんも不安ですよね・・・若くても白内障や緑内障の危険性はあるので、年に1度の健康診断など健康をチェックするようにしましょう☆

【股関節形成不全】

横座りや腰を振って歩く、立ち上がりに時間が掛かったり、高いところへの上り下りができなくなるといった症状が出ます。重症化すると歩行が困難になる可能性もあるため、若い頃から注意が必要です。遺伝や後天性の場合もあるので栄養過多や、住環境に注意が必要です。

一緒にお散歩へ行けなくなったり、不自由そうにしている愛犬を見るのは辛いですよね・・・フローリングにはカーペットなどを敷(し)いてあげたり、段差の少ない道を普段から選んであげることも重要です!

ひなこ

いつも犬がいる場所を清潔にして、痒がっていたり臭いがあったりといった目に見える症状はもちろん、異常がないか日頃からチェックが大切ね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cococoさん(@gee_coco)がシェアした投稿

引用インスタグラム

オシャレさん♪粋(いき)な帽子と最高の笑顔ですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

happyイヴさん(@ibustagramloo7)がシェアした投稿

引用インスタグラム

ひゃっほー☆いっぱい思い出作ろうね。

ゴールデン・レトリバー

狩猟犬として活躍していたので、飼い主に対する忠誠心と温和な性格も重なって子どもからお年寄りまで優しく接することができるワンちゃんです☆

気をつけたい主な病気
  • 心臓、循環器の疾患(しっかん)
  • 腫瘍性(しゅようせい)疾患
  • 甲状腺(こうじょうせん)機能低下症

ちょっと恐い名前の病気が多く、飼い主さんは心配になってしまいますよね。ストレスも病気の要因になりますので、愛情深くひとりぼっちが嫌いなゴールデン・レトリバーと出来るだけ一緒の時間を過ごしてあげたいですね。

【心臓、循環器の疾患】

拡張性心筋症(しんきんしょう)、大動脈弁狭窄症(きょうさくしょう)などの心臓病は体の大きさに比べて心臓が小さい大型犬が注意したい病気です。運動時に疲れやすくなったり乾いた咳(せき)をしたりします。

大型犬は特になりやすいと言われていますが、運動が好きな子も多いですよね。適度な運動は大切ですが、普段から様子をチェックして、休み休み遊んであげるようにしましょう♪

【腫瘍性疾患】

ゴールデン・レトリバーは、骨肉腫や悪性リンパ腫などのガンを発症しやすいと言われています。病気になることを前提に考えている飼い主さんは、もちろん少ないと思いますが可能性を考えるとやっぱり不安になりますよね。

日頃からブラッシングなどのケアを行う際に体を触って、異常がないかチェックするようにしましょう。早期発見と早期治療が必要です。

【甲状腺機能低下症】

食欲があまりないのに太る、動きたがらないなどの症状を加齢のせいだと思い込むと命に関わりますので、様子が気になったらすぐ動物病院へ連れて行きましょう。

年齢を重ねると食欲や運動量が落ちるワンちゃんも多いですよね。何事も普段からワンちゃんの様子をチェックして、少しでもおかしいと思ったら動物病院で診てもらうことが大切なんですね☆

ひなこ

スキンシップと日頃の観察を心がけて、早め早めの受診と治療をしてあげましょうね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オルフェウス・スター犬舎さん(@orpheusstar)がシェアした投稿

引用インスタグラム

ぼくがどこにいるか、ご主人様ならわかるよね。え?わかんない?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kiichiro Akitsuneさん(@kiichiro_akitsune)がシェアした投稿

引用インスタグラム

12才のお誕生日おめでとう♪頑張って13才になるから、好きな納豆1年分お願いします!!

シベリアン・ハスキー

北極圏で遊牧民とともに、ソリを引く犬として活躍していました。活発でエネルギッシュ、恐そうな見た目に反して人や犬に友好的なワンちゃんです☆

気をつけたい主な病気
  • 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく)
  • 白内障
  • 脂漏症(しろうしょう)

左右で色が違うオッドアイという目を持つワンちゃんは短命と言われていますが、シベリアン・ハスキーによく見られるオッドアイは生まれ育った歴史の中で発生したもので、寿命に差はないんですよ。

オオカミのような野生的な姿に、オッドアイのシベリアン・ハスキーはとっても神秘的ですよね。ちょっと天然でへこたれない性格とのギャップが魅力です♪

【進行性網膜萎縮】

網膜が徐々に萎縮する事で視力が低下し、失明してしまう病気です。遺伝性の病気で治療法がないため、視力が落ちても安心して暮らせるよう家具の配置など気をつけてあげましょう。

治療法がないのはとても残念ですよね。特定の検査センターなどでは、遺伝子検査を行うことで進行性網膜委縮にかかる可能性があるか検査することも出来ます。病気にならないことが一番ですが、検査を受けて可能性を知ることで飼い主さんも愛犬のために準備が出来るかもしれませんね。

【白内障】

目の水晶体が白く濁り視力の低下、重症化すると失明に至ります。稀に(まれに)糖尿病など他の病気から起こることもあります。歩くときにものにぶつかったり鼻先で探ったりする仕草が見られたら、受診しましょう。

大型犬だけでなく、小型犬など全ての犬種がかかる可能性のある病気です。普段の生活で、変わったところがないかだけでなく年に1度健康診断などを受けて、愛犬の変化を敏感に感じ取れるようにしておきましょう☆

【脂漏症】

体がべとついて脂っぽくなったり、乾燥してフケが出たりする病気です。フケなどが出る場合は、かゆみを伴(ともな)うこともあるので、皮膚が傷ついてしまわないか心配になりますよね。

シベリアン・ハスキーはダブルコートで覆われていて蒸れやすいため、シャンプーやブラッシングで清潔な状態を保ってあげましょう。

ひなこ

雪の上を平気で走っていた犬は毛皮が立派だから、まめなシャンプーとブラッシングで、清潔な状態を保つことが大切ね。

遺伝など防ぐことが難しい病気もありますが、様子がいつもと違うと感じたらすぐに動物病院を受診しましょう。変化を見逃さないであげて下さいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ПРО СОБАК С РАЗУМНЫМ ПОДХОДОМさん(@prosobak)がシェアした投稿

引用インスタグラム

子守は、ぼくにまかせて!!顔に似合わず優しい性格なんです☆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sara.husky official⚜️さん(@sara.huskyofficial)がシェアした投稿

引用インスタグラム

エスカレーターって楽しい!子どものようなキラキラ笑顔が愛らしいですね♪

ワンちゃんの笑顔をいつまでも見ていられるよう、犬種ごとになりやすい病気はしっかりと把握して気をつけてあげましょうね。

大型犬のアンチエイジング

人にもよく使われることがあるアンチエイジングという言葉を聞いたことはありませんか?アンチエイジングとは、老化・加齢に対抗するという意味なんです。ワンちゃんが少しでも穏やかな老後を送り寿命を長くするために、大切なんですよ。

ではどんなことがアンチエイジングになるのでしょうか。人より早いスピードで年を取る大型犬に、できれば子犬の時から実践したいことをご紹介しますね。

アンチエイジングに大切なこと
  • 歯磨き
  • 適切な運動
  • 健康診断

ひと昔前は、飼っている犬に対してフードや健康の事を気にしてあげる飼い主さんはほとんどいませんでした。残飯をあげて、動物病院など連れて行かないような飼い方が普通だったんですよ。今では信じられないです!

そんな状態で飼われていたワンちゃん達は、寿命も短く8才未満で天国に行ってしまっていました。アンチエイジングが長生きに必要な理由がよくわかりますね☆

歯磨き

3才以上の犬の約80%が、歯周病であるという調査報告があります。人間と比べて虫歯にはなりにくいと言われている犬のおくちですが、逆に歯石がたまりやすく放っておくと歯周病で歯を失ってしまう可能性もあります。

毎日の歯磨きは、飼い主さんも大変ですよね。つい忘れてしまったり1日くらいしなくても。と考えがちです。でもおくちの中で菌が繁殖してしまうと、心臓など内臓の疾患にも繋がります。

優しい笑顔が魅力的な大型犬には、真っ白い歯の方がとっても似合いますよ。大型犬は歯が命☆大切なワンちゃんのためにも頑張りましょう!

ひなこ

歯磨きシートやガムなど色々な歯磨きの商品があるので飼い主さんが使いやすいものを見つけてみましょう。時には動物病院で歯石除去をお願いするのも手ですよ☆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

りこママさん(@mikona14)がシェアした投稿

引用インスタグラム

おくちの中に口内炎が出来てしまっているそう。でも飼い主さんの愛情を受けて優しいお顔ですね。

適切な運動

大型犬の運動は1日2回、1回30分から1時間と言われていますが個体差があります。1時間や2時間平気で歩く小型犬もいますし、ワンちゃんに最適と思われる運動量を見つけて肥満にならないよう気をつけてあげましょう。

強い紫外線は目の水晶体にダメージを与えて白内障の原因になることもあるんです。これはワンちゃんだけではないんですよ。人間にも強い紫外線は目やお肌にも悪影響です!特に女性には恐い話ですよね☆

飼い主さん自身が気持ちいい!と思えるような早朝や夕方の時間帯に散歩に行くとワンちゃんも快適に歩いてくれます。

ひなこ

走るよりも、ゆっくりと長い距離を歩くのがポイントです☆歩きながら足取りやふらつきなどがあるかチェックしましょうね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@nanzio87がシェアした投稿

引用インスタグラム

いい笑顔♪この笑顔のためならがんばれます!

健康診断

まだ若いワンちゃんには年1回、6才をすぎた頃の大型犬には年2回(半年に1回)の健康診断がオススメです。人間と同じく病気は早期発見・早期治療がとても大切になります。

「人間ドック」ならぬ「ドッグドック」という名前でも知られていますね。季節的には春と秋に受けるのがいいですよ。検査当日の朝は絶食になるので、暑かったり寒かったりの状態でご飯が食べられないとちょっとかわいそうに感じてしまいます☆

動物病院によっては検査内容に差があります。かかりつけの病院で検査項目を聞いてみましょう。6才をすぎたら身体中のすべての検査をした方が良いので、足りない項目は追加で検査してもらうようにお願いしてくださいね。

ひなこ

大事なワンちゃんの健康を守るために、遠慮は禁物です!そのためにも日頃から飼い主さんとワンちゃんと獣医さんの良好な関係を築いておきましょう☆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おとめざかごはんさん(@kimi.341109)がシェアした投稿

引用インスタグラム

痛いのかな、悲しそうなお顔してます。大丈夫、すぐ良くなるよ。

ワンちゃんは自分で自分の健康を守ることが出来ません。飼い主さん自身が、自分の生活の中で毎日何をするか、どんなことをすると安心なのかを考えてワンちゃんにも実践してあげたいですね。

自分にすることをワンちゃんにもしてあげる。気をつけてあげる事寿命を長くしてあげましょう。

スポンサーリンク

大型犬のシニア期

大型犬は6才になるとシニア期に入ります。子犬で迎えてから6年なんてあっという間ですよね。シニア犬は個体差はありますが、少しづつ見た目や行動に変化が見られるようになってきます。

シニア犬の特徴
  • 散歩に行ってもあまり歩かない
  • 寝ていることが多くなる
  • 食欲の低下または執着(しゅうちゃく)
  • 呼んでも反応が鈍い
  • 白髪が増えたり毛艶(けづや)が悪くなる

元気で活発な頃を知っているだけに、飼い主さんにとってはとても悲しい変化ですね。でも老化を理解する事で愛犬に負担を掛けずに、楽しい毎日を送ることができるんですよ☆

散歩に行ってもあまり歩かない

散歩そのものにあまり興味がわかなくなってしまったり、足腰が弱くなり長時間歩くことが苦痛になることがあります。あんなに散歩が好きだったのに。と思い悩むより、歩ける範囲で外の空気に触れさせてあげましょう。

公園などで、ひと休みするのもいいですね。風や草のにおいを感じるだけで活性化に繋がります。虫の声や草花を見つけて、ワンちゃんにいっぱい声をかけてあげましょう。飼い主さんも日頃忙しくて気づきにくい季節の変化を感じて、五感をリフレッシュできますね☆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

tomomonさん(@lacca_sey)がシェアした投稿

引用インスタグラム

キレイなお花と一緒にハイチーズ!楽しさそうなお顔にこっちも笑顔になれますね。

寝ていることが多くなる

周囲への興味が薄れたり、耳が遠くなったりなどの理由から寝ていることが多くなることがあります。大好きなおやつを隠して探させるといった頭を使う遊びや犬友達に会わせてみるなど、脳や体を使って良い刺激を与えてあげたいですね。

遊びに乗ってきてくれない時は、軽く肉球マッサージしてあげるのはいかがですか?人間もマッサージされるととっても気持ち良いですよね。側にいるだけで温かな気持ちにさせてくれるワンちゃんに思いっきりサービスしてあげましょう♪ほど良い刺激を受けてワンちゃんを遊びに誘いやすくもなりますよ。

寝ている時間と起きている時間をしっかりとメリハリをつけることで、認知症などの予防にも効果があります。どんなことをしたら喜んでくれるか、ワンちゃんと一緒に楽しんじゃいましょう☆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あるとママさん(@aruto0813)がシェアした投稿

引用インスタグラム

まだ眠くない!昼寝をしすぎちゃったようですね。子犬のように可愛い笑顔です☆

食欲の低下または執着

食欲が無くなり食べ物自体に興味がなくなってしまったり、逆にいくら食べても足らないくらいの食欲が出てきたりといった変化が見られることがあります。

シニア専用フードに切り替えることはもちろんですが、痩せすぎ(やせすぎ)や肥満は寿命を縮めてしまう恐れがあります!体重にあった量を毎日与えましょう。

食が進まないワンちゃんには、ウェットフードなど嗜好性(しこうせい)の高いものを少量トッピングしたり、飼い主さんが手作りしても良いですね♪

時間もないし作ってあげたいけどハードルが高すぎる!という飼い主さんの気持ちもよーくわかります!鶏肉の茹で汁をフードにかけるだけでも簡単に食欲そそりまくりのご馳走(ごちそう)になりますよ☆その分フードの量は調節して下さいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

チェルシー2007.2.26さん(@wish_dog)がシェアした投稿

引用インスタグラム

色使いもきれいな手作りご飯です!とっても美味しそうですね。

呼んでも反応が鈍い

若い時は名前を呼ぶと、どこにいてもすぐに走ってきてくれるくらい俊敏(しゅんびん)だったのに、最近は呼んでも立ち上がりや歩き方が遅いなあ。と思うことが出てきます。

床に滑り止めマットを敷いて立ち上がりや歩きをサポートしたり、筋力の低下を防ぐために家の中でも歩かせることを意識してあげて下さい。色々な可愛いマットがたくさん販売されているので、飼い主さんの趣味で選ぶのも良いですね☆

部屋の中はしっかりマットを敷いたから大丈夫♪あっ、ちょっと待って下さい。お風呂はどうですか?ワンちゃんがシャンプーの時に踏ん張ることが出来ず、滑ってしまうこともあるんですよ。人間用のウレタンマットなどを敷くと、洗う側の飼い主さんのヒザもラクラクです。

関節にトラブルがある場合も考えられるので、ワンちゃんの状態によっては動物病院を受診しましょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kaz haseさん(@zephyr_gyu)がシェアした投稿

引用インスタグラム

おねだりモード全開中。しっかりとした目でシニア犬に見えません。

白髪が増えたり毛艶が悪くなる

耳の先や鼻先など、体の端の部分から白髪は出やすいと言われています。被毛の手触りが悪くなったり、毛艶がなくなったり見た目の老化はとてもわかりやすいですね。

人間も年を重ねると個人差はありますが、同じように白髪が生えてきたりシワができたりしますよね。ただでさえ可愛いワンちゃんは、白髪になっても可愛いのです!ワンちゃんによって白髪の生え方が違うのでウチのコ限定オリジナルを楽しみましょう☆

体を清潔に保ち、皮膚などに変化がないかチェックしましょう。また、皮膚を守るために洋服に凝ってみるのも楽しいですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@dalpointerloveがシェアした投稿

引用インスタグラム

お顔は白くなったけど個性です!ゆっくり休んでまた遊ぼうね。

シニア犬には若い時とはまた違う可愛さや愛しさを感じる飼い主さんが多いようです。ワンちゃんも「あなたの事はなんでも知っているよ」「大丈夫だよ」と答えてくれているかのような優しい表情を見せてくれます。

年を取っていくのを見るのはとても寂しいですが、大切な家族の体の変化を理解して大変なことも一緒に楽しめるように寄り添っていってあげて下さいね。

ご紹介した大型犬の犬種別に寿命のことをもっと詳しく知りたい方は、ラブラドールレトリバーの平均寿命☆長生き対策紹介します!!や、シベリアンハスキーの寿命は??大型犬の寿命はなぜ短いのか??もご覧になってくださいね。

まとめ

  • 大型犬は小型犬より平均して寿命が短い。
  • 大型犬の寿命が長い犬種は、ラブラドール・レトリバー、ゴールデンレトリバー、シベリアン・ハスキー。
  • アンチエイジングは子犬の時から実行したい大切なこと。
  • シニア期の変化を逆に楽しむ。

大型犬の寿命を長くするためには、子犬の時からのアンチエイジングや気をつけたい病気など日頃からワンちゃんの様子をよく見ていることが重要です。大変なこともありますが責任を持って頑張ってくださいね。気になることがあればすぐに受診しましょう。

ワンちゃんは飼い主さんの気持ちをとても良く感じ取ることができるので、飼い主さんは思い詰めないことも大切ですよ。その時々の変化に対応してワンちゃんが気持ちよく生活できるようにしてあげましょうね☆

大事な家族として迎えた大型犬と飼い主さんに、少しでもお役に立てる記事であると嬉しいです☆

スポンサーリンク

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です