小型犬のケージ飼育にメリットはある??ケージ飼いの安全性を見る!!

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


わんちゃんを飼う時、どの様に飼育していますか?「リードで繋げて外で飼う」「ケージの中に入れっぱなし」「家の中で放し飼い」「ケージと部屋の中を行き来出来る様にしている」など、飼い方は様々です。

さすがに小型犬でわんちゃん大好き!と言う方なら、外飼いではなく家の中で家族として一緒に生活している事が多いですよね☆そこで、今回は家の中で一緒に生活する上での『ケージ飼育』の必要性を見ていきましょう!

スポンサーリンク

小型犬を飼う時にケージを使う利点

利点が無いと「使ってみよう」とは思いません。ではどの様な利点があるのでしょうか?

メリット
  • 安心できる空間を作る
  • 危険を回避して安全を確保
  • しつける時にも使える

ひなこ
ケージに入れておく事の必要性が分かれば、一緒にいてもより良い関係を築けそうだよね☆

安心できる空間

例えば、小さい子供がいる家庭では小型犬は可愛いからついつい触ってしまうものです。ですが、触られているわんちゃんは度を越えると嫌がります。そんな時にケージがあれば逃げる事が出来ます。

ケージに入っている時は「触らない」「無理やり出さない」と約束しておけば、そこはたちまちわんちゃんにとって安心できる空間になります☆

引用 インスタグラム

私たちも嫌な事があった時に自分の部屋に入り、1人になると少しは落ち着きますよね。また、大きな音がする時(雷や花火・工事など)や来客があった時は、大きな不安やストレスを抱える事になります。パニックを起こしてしまう可能性も否定できません。

『雷の大きな音にびっくりして、部屋の中を右往左往していた。』『お客様が来ていて、落ち着きがなかった。』

こんな時に「ケージの中にいれば大丈夫!」と思ってくれる様な空間を作ってあげていれば、大きな音がしたらケージに入ったり、来客があってもケージの中でお利口にしている事が出来ます。不安やストレスを少しでも解消できる場所が『安心できる空間』になります!

放し飼いの危険回避

私たちには何気ない事でも。わんちゃんの身の周りには危険な事がいっぱいです。そんな中でも1番怖いのは「誤飲」です。

引用 インスタグラム

小さいおもちゃを食べてしまったり、紙やゴム、犬が口にしてはいけない食品を食べてしまったりしてしまうと、腸閉塞(ちょうへいそく)や中毒になり、開腹手術や入院治療を行わなければいけなくなります。最悪の場合、死んでしまったりします。

常に放し飼いの場合、人の目の届く時であれば回避する事も可能ですが、人の目が行き届かない時にはどうするこ事も出来ません。

そこで、ケージの出番です。ケージの中にいてもらえればそこには危険な物は無いので、安心して外出出来たり、子供のお世話をしたりする事ができますね☆

ケージはしつけにも使える

トイレのしつけや、出かける時のお留守番などにもケージを使う事によって、しつけをする事が出来ます。トイレ用のケージを用意すると、トイレの場所をスムーズに覚えてくれるので、トイレ以外の場所ではしなくなります。

引用 インスタグラム

お留守番の時にも、ケージを「ハウス」などと教えると、お留守番する時にも嫌がらずにケージに入ってくれる様になります。

ケージって何?

では、ケージとは何でしょう?一口に『ケージ』と言っても、色々なタイプを想像しますよね。そんなケージについてみていきます。

種類があるの?

ケージとは簡単に言ってしまえば、「犬や猫、鳥などを入れておく為のかご」です。こういう言い方をすると聞こえが悪いですね・・・なので大事な家族として一緒にいる私は、「わんちゃんやねこちゃんの為のお部屋」と表現する事にします。

『ケージ』と言われて想像出来るものを紹介します。

ケージの仲間
  • ケージ
  • クレート(キャリー)
  • サークル

これらは、似ている様に見えて特徴が少し違います。その特徴を見ていきます。

ケージ

屋根付きのサークルの様なものです。

引用 インスタグラム

トイレと一緒にしたい場合は大き目のケージをおすすめします。ペットシーツとベッドの両方を入れれるくらいの大きさが良いです。1つで2つの役目をしてくれます。お留守番の時には、トイレも必要になりますよね☆

ただ、寝るところとトイレが同じなので、トイレのしつけをする時にはちょっと大変かもしれません。

クレート(キャリー)

一緒に連れて出かける時に使います。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

初めてこのクレートに入った時の写真📸✨ 怖がりだから全部の扉開けておやつで釣ったら入ってくれて、 “もうおやつくれないの?” って見つめてきてます😊 ひょっこり出てる顔が可愛い💕 今ではおやつありなら入ってくれて持ち運ぶこともできるようになりました😆👏 ・ ・ ・ #pomeranian#pomestagram#ポメラニアン#オレンジポメ#ラン#もふもふ犬#癒し犬#愛犬#クレート#犬のいる生活#犬との暮らし#いぬすたぐらむ#ぽめすたぐらむ#ふわもこ部

Ranさん(@pomenoran)がシェアした投稿 –

引用 インスタグラム

布で作られているソフトタイプの物もありますが、ハードタイプはしっかりしているのでハードタイプがおすすめです。

中で横になれるくらいの大きさがあると、移動中もストレスの度合いが小さくなります。さすがに飲み水をクレートの中に入れる訳にはいかないので、給水ボトルが付けれるものだとより良いですね☆

日本は地震大国でもあるので、いざ避難しようと思った時にすんなり入ってくれると早く非難する事が出来るので、日ごろから慣らしておきましょう!

サークル

移動範囲の制限をする為に使い、屋根の付いてない物になります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐾 模様替えした🆕むぎ&アビのお部屋をご紹介します🏠✨ 四畳ほどの部屋をサークルで2つに仕切り、それぞれのサークルの中に ◾️カメラ付きオートフィーダー ◾️給水器 ◾️ワイドサイズのトイレ ◾️ケージ(+ベッド) を配置しました✨ この部屋には、汚しても部分的に洗えるようにベージュの正方形のカーペット?を敷き詰めています。(アビのケージの上に置いてあるやつ👆) 今は模様替えしたばかりなので、アビの方にはリビングでも使い慣れているグレーのマットを敷いてます✨ (そのうちベージュに統一します🐾) むぎとアビは、夜寝る時とお留守番の時はこの部屋で過ごしますよ🐶🐶 写真に写っていないところに、トイレシーツやおもちゃ、おやつをしまっている引き出しや、お洋服のカゴ、ゴミ箱を置いていて、むぎアビグッズはなるべくこの部屋に収納するようにしてます✨ →増えすぎて他の部屋にも置いてますが😅😅 完全に仕切っているので、それぞれのエリアに自由に行き来できないようになってます🙅🏻‍♀️ めったにないですが、オートフィーダーでご飯をあげなければいけない時にどっちかどれだけ食べたかわからなくなってしまうのと、自分だけで過ごせるスペースがあった方がいいかな?と思ったからです🐾🐾 しばらくこれで過ごしてみて、またいい案が浮かんだら試してみます👍🏻 気に入ってくれたかなー💕 #ビーグル#ビーグル犬#レモンビーグル#beagle#beagles#beaglestagram #いぬすたぐらむ #いぬのいる暮らし#dogstagram#개#비글#dog#perro#cane#chien #犬好きな人と繋がりたい#わんこ同好会#多頭飼い#多頭飼い初心者#puppy#snoopy#むぎアビ #ケージ#サークル#模様替え

Saya (MUGI & Abby)さん(@saya_mugi_0115)がシェアした投稿 –

引用 インスタグラム

サークル内ならわんちゃんの自由に出来る空間です。この中であれば何をしても大丈夫な様に作ることが出来ます。トイレをケージの外にセットする事も可能ですね!

屋根がないので、ジャンプして外へ出てしまったり、ジャンプした衝撃(しょうげき)で足を痛めてしまう可能性があるので気を付けないといけませんね。

色々な種類があり、それぞれで使う用途が違う事が分かりますね。ミニチュアシュナウザーのケージの大きさ☆オススメはある?!にもケージの事が紹介されています。是非見てみて下さい☆

スポンサーリンク

ケージでの飼い方

ケージを使う事によって、必要になってくる事があります。

トイレの場所

寝るスペースとトイレとを一緒にしたい場合はある程度の大きさのケージが必要になってきます。

引用 インスタグラム

ひなこ
左側にペットシーツ、右側にベッドの様な感じで置いてあげて、しっかりと分けてあげる事が大事だね♪

ですが、ペットショップなどで見ていると、(赤ちゃんと言う事もありますが)ペットシーツをぐちゃぐちゃにしたり、トイレ以外の場所で排泄をしてしまったりしているので、しっかり教えてあげる必要があります。

飲み水の確保

人の目のある時にケージの中に入ってる時は良いですが、お留守番をさせておく時には必ず飲み水を一緒に用意します。わんちゃんも喉が渇くので、お水がないと脱水を起こす危険性も出てきます。

こぼされても良い様にとトイレ側に器に入れて直置き(じかおき)すると、いざ飲もうと思った時にはすでにこぼれてしまった後になってしまうかもしれません。なので、クレートの時にも付けれる様なボトルタイプの物をつけてあげるといつでもお水を飲むことが出来ます!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ビッちゃんれす❤️ きょうのあさ、おねーちゃんがささみのゆでじるうすめたすーぷを、ボトルにいれてくれまちた‼︎ おいちくって、いっきのみしちゃいまちた。 アズールのしょにちといっしょらしいれす。 ビッちゃんまだぺろぺろボトルになれてなくって、かみかみしたらいぱーいでるんかなぁっておもったけど、おねーちゃんに「かむやつちゃうで」ってわらわれまちた。 でもついがじっちゃった。 4まいめは、きのうのごくごく。 せっちばしょをかえてくれて、のみやすくなったよ‼︎ いっきのみせんようにしな….。 ビアンカ🐾 #ささみの茹で汁 #給水ボトル #ビッちゃん専用 #アズール #ビアンカ #アズビー #かわいい #ポメラニアン #ポメ #pecoいぬ部 #ペトこと犬部 #qpetいぬ部 #いぬすたぐらむ #いぬら部 #もふもふ #もふもふモフモフ #ふわもこ部 #いぬバカ部 #いぬのきもち #azure #azul #bianca #azbee #pomeranian #pomeranianstagram

JMMさん(@azure_and_bianca_m)がシェアした投稿 –

引用 インスタグラム

ひなこ
夏場は脱水の危険性も増えるから、多めにお水を入れた方が良いかもね。喉が渇くのは人もわんちゃんも同じね☆

まとめ

  • 小型犬にとってケージを使う事は必要な事!
  • 安心できる空間作り、安全の確保、しつけなど、色々な事にも使える
  • クレート(キャリー)やサークルも使うと便利★
  • ケージの中のトイレやお水に注意する♪

ケージを使う事によって、わんちゃんの安全が確保されるだけでなく、トイレのしつけやお留守番する時の部屋としても使えます!特に小さい子供がいる家庭では、誤飲を防ぐ為にも放し飼いではなく、ケージを使うと良いですね☆

家の中にいる時は、安心・安全の空間作りに役立つケージを上手に使って、家族の誰とでもコミュニケーションがとれるとわんちゃんも愛情を感じる事ができます。

今回調べた事で、少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです。この機会に是非ケージを使う事も考えてみて下さいね☆

スポンサーリンク

そのドッグフード、大丈夫!?

今愛犬にあげているそのフード、安い市販のフードですか?

私は、安い市販のドッグフードを愛犬にあげていたら愛犬が病気になってしまいました。元気がなくなり、食欲もなく、寝てばかりでした。

そこであるドッグフードに変えたところ、病気も治り、以前より明らかに元気になったんです!ガツガツ食べるようになって、家の中を走りまわるようになり、行けなかった散歩にも行けるようになったんです♪

愛犬にはずっと健康で長生きしてほしいので早めに切り替えておいて本当によかったです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です